〆張鶴

〆張鶴は、新潟の日本酒で、酒造場を清浄な神域ととらえ、注連縄を張るという意味から付けられたと推測されています。

精米歩合50%の吟醸酒、吟撰が人気で、淡麗辛口の味わいになっています。

〆張鶴には、他にも、純米吟醸酒の純や本醸造酒の月、特別本醸造酒の雪などがあり、原料米は主に五百万石を使用しています。

〆張鶴の大吟醸金ラベルは人気で、なめらかなのでツルツルと飲めるお酒です。

刺激がないのでベタつきがなく、高いだけのことはあります。

ポピュラーなのは、吟撰で、下越の中では知名度が抜群です。

価格も手頃で、カ-トン入りというのは酒飲みにとって嬉しいところです。

金、銀ラベルが手に入らない人におすすめで、風味はやや辛口です。

軽やかでスイスイ飲めるお酒なのでコクにやや物足りなさを感じますが、またすぐに飲みたくなる不思議な魅力あるお酒です。

吟醸生酒もおすすめで、生のフレッシュなクリーミーな味わいが堪能できます。

濃密なリンゴのような甘味で、鼻を抜ける吟香が心地良く、余韻は酸味を残しながらも、弱めの辛口ドライ感があり、

大吟醸クラスのグレードを感じるお酒です。

Comments are closed.