久保田

久保田と言えば、日本酒のイメージを変えたといわれる淡麗辛口の代表選手で、

手頃な価格から1万円位まで幅のあるラインナップを揃えています。

懐具合によって選んで飲める楽しさがある日本酒です。

百寿、千寿、万寿、紅寿、碧寿、翠寿など様々な種類がありますが、共通して言えるのは、淡麗辛口であることです。

料理の味を壊さない控えめでありながら、お酒の味と香りをしっかり持ったお酒ということもあり、久保田は、手軽で饅頭などにもよく合います。

新鮮な味で、枡で出され檜と酒の香りが絶妙にマッチしています。

久保田は、酒屋で安価で購入できるお酒なので飲みやすく、香りも高いので食中酒としてもおすすめです。

久保田なら、2000円前後の千寿でも十分満足できます。

燗でも冷でもOKで、常用酒としては最適です。毎日飲んでも懐に響かないのが良いです。

さすがに萬寿と比べると劣りますが、蔵の力量を素直に認めざるを得ないレベルの高さがあります。

常時キープしている人も多く、子持ちししゃもの唐揚げなどと合います。

久保田の萬寿は、上立ち香よりややしっかりした含み香があるのが特徴で、味わいが非常にクリアです。

口当たりがまろやかで飲みやすいので、日本酒慣れしていない人におすすめです。

Comments are closed.