八海山

八海山は、創業が大正11年の由緒ある日本酒で、酒蔵元は南魚沼郡になります。

コシヒカリの産地としても知られている豪雪地帯で作られているのが八海山で、仕込の時期は深い雪で町が覆われています。

蔵が天然の冷蔵庫になっていて、酒造りにとってはまたとない恵まれた環境の中で作られています。

八海山という酒名は、古くから霊峰として知られ、山岳信仰の対象となってきた八海山という山から命名されたものです。

八海山は、日本酒として高く評価されていて、この銘柄はどれを飲んでもそれなりの納得感を感じさせてくれるからです。

本醸造や普通酒でも大きく味が落ちることがありません。

他の銘酒は、看板商品は美味いものの、低価格のものは別物であることが珍しくありません。

その点、八海山であれば、普通酒であっても美味しく頂けます。

どれを飲んでも全体的に美味しく、とてもすっきりしています。

端麗辛口の代表的なお酒として有名ですが、適度な甘さとお米の風味もキチンと味わえます。

飲み飽きない、料理の邪魔をしない、良いお酒ということで、八海山は、地酒ブームの火付け役となりました。

川

Comments are closed.