出羽桜

出羽桜は、山形の日本酒で、蔵の向かいにある舞鶴山の美しい桜にちなんで、

この名が付けられました。出羽桜には、大吟醸酒の春雷、純米大吟醸酒の一路、吟醸酒の桜花、純米酒の一耕などがあり、

原料米は山田錦を使用しています。仕込み水は自家地下水を用いていて、山形県にある出羽桜酒造株式会社が製造しています。

蔵元の出羽桜酒造は、明治26年創業で、平成23年には、酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞しています。

出羽桜と言えば、吟醸酒ブームの火付け役となったことで有名です。

酒好きの人が最初に思い浮かべるお酒で、その人気の秘密は、山形県でも有数の米どころで作られているからです。

村山平野に位置していて、最上川の支流、立谷川の伏流水を仕込みに使っていることから、淡麗で香り高い酒質になっています。

天童市中央の舞鶴山の美しい桜にちなんで命名された出羽桜は、地元の米と水により、地元の杜氏と蔵人が醸すお酒です。

地元の消費者からは、圧倒的な支持を受けていて、吟醸酒の素晴しさを多くの人に知ってほしいという願いを込めて造り続けられています。

Comments are closed.