田酒

田酒というのは、青森の日本酒で、醸造用糖類を使用しないで米だけで造っています。

1970年に開発され、1974年に商品化されました。

純米大吟醸酒で、田酒は特別純米酒などをラインナップしています。

日本酒の中で田酒が一番好きだという人は多く、味は辛口です。

特別純米でも美味しく頂くことができますが、特に、大吟醸の斗壜取と山廃田酒は美味で、この2つは、居酒屋や日本酒の専門店では、

幻と称されています。共に辛口で、日本でも最高峰を争うレベルの銘酒と言われています。

田酒の中で一番人気があるのが大吟醸で、720mlで値段は4000円します。

辛口で吟醸香を楽しむのに最高のお酒で、純米吟醸の田酒は、多くの人から支持されています。

フルーティーさを味わいたいなら、純米吟醸の百四拾や四割五分がおすすめで、原料米は主に山田錦ですが、百四拾は華想いを原料としています。

田酒の仕込み水は八甲田山系の伏流水を用いていて、色々な種類があります。

華やかな香りこそありませんが、田酒には、透明感のあるクリアな中にしっかりとした旨味があり、食中酒としての期待は決して裏切りません。

Comments are closed.